育児の良品

疲れきったワーママが選んだ、育児グッズや家電・便利グッズなどの記録。

おしりふき談義。肌の弱い娘は、乳液タイプと水99%タイプを使い分け。

星の数ほどあるおしりふき。

いったい何がどう違うんだ……と、西松屋のおしりふき売り場で右往左往するママも多いのでは。

おしりふき歴2年半の我が家では、最終的に2種類のおしりふきを使い分けることで落ち着きました。

その①うんちがよく取れる!『ピジョン おしりナップ こすらずつるんっ』

赤っぽいパッケージが特徴の、いわゆる『乳液タイプ』。おしりふき専用ケースに入れて、主に自宅でうんちのおむつを替える時に使っています。

うんちのおむつ替えなら、これが本当におすすめ。

ピジョンのお気に入りポイント3つ

  • 厚手で、うんちが手につきにくい
  • こびりついたうんちでも、するする取れる
  • 結果、赤ちゃんのお肌への負担が少ない

というわけで、うんちのおむつ替えのストレスと、娘のお尻への負担が減りました。これぞWin-Win。

お値段はちょっと高い気もするけど、amazon定期便で15%オフで買える※1 し、このあと紹介する安いおしりふきと組み合わせて使っているので問題なし。

お尻が赤くなりがちな子は、一度試してみてください。

ちなみに、最初はいらないと思っていたおしりふきケース。

試しに買ってみたところ、貼り付けるタイプの蓋と比べてはるかに片手で蓋をOPEN&取り出し&CLOSEしやすかったので、買ってよかったです!これは、またの機会に語ります。

その②ダイニングテーブルに常備。『グ~ン 肌にやさしいおしりふき』

いわゆる、『水99%』タイプのおしりふき。似たものが、赤ちゃん本舗やLEC、アイプラスなどからも出ています。

こちらは、ダイニングテーブルに常備しており、主に手拭き・口拭きに使っています。

水99%系のものは、上記の3ブランド含めいろいろ試したのですが、最終的にはGOONに落ち着きました。

グ~ンのお気に入りポイント3つ

  • たっぷりとした水分量
  • シートの柔らかさ
  • ほどよい薄っぺら感

水99%のものを比較するポイントとしては、値段の安さ・水分量・シートの柔らかさがあげられます。GOONはそのバランスがとても良い。

また、ピジョンのように厚手のものだと、手拭き・口拭きに使うには何となくもったいない(貧乏性)。

この程よい薄っぺら感が、ガンガン使いやすい。なんなら、台ふきん代わりにテーブルも拭いちゃいます。

また、ドラッグストアやamazonで手軽に安く買えるのもポイント高し。

赤ちゃん本舗は近くに店舗がないし、通販だと大量買いしないと送料がかかっちゃう。激狭な我が家に大量のおしりふきを置くスペースもないので、こまめに買っています。

まとめ:おしりふきの決め手は、値段だけじゃない

いろいろありすぎて、何が良いか迷っちゃうおしりふき。

我が家はこの2つに落ち着きましたが、それまでいろいろ試してみるのも面白かったです。

お値段を重視するもよし、気分転換に新しいメーカーにチャレンジしてみるもよし、キャラクターものを買って子どもの喜ぶ顔を見るも良し。

きっと、それぞれベストな選択は違うと思います。

この記事が、皆さんの楽しいおしりライフの一助となりますように!(大袈裟)

おしまい。

読んでいただき、ありがとうございました。 もしよろしければ、読者登録していただけると嬉しいです\(^o^)/

※1 私はamazonプライム会員です。おしりふきは、定期便で買ってるよ。

にほんブログ村 子育てブログ ベビー用品・育児グッズへ にほんブログ村